トレンド

今さらだけど「ビットコイン」て何?そのメリット&デメリット 購入方法まとめ

投稿日:

最近よく耳にするようになった「ビットコイン」という言葉。以前から名前は知っていても実際それが何なのかを詳しく知らない人も多いはずです。

ハイ、わたしもそのタイプの一人です。

今回のワーパンではこれから世界を大きく揺るがすかもしれない「ビットコイン」についてちょっとだけご説明したいと思います。

スポンサーリンク

今さらだけど「ビットコイン」て何?そのメリット&デメリット 購入方法まとめ

 

ビットコインって何?

簡単に言うと「ビットコイン」とは「仮想通貨(暗号通貨とも呼ばれる)」です。国や政府が定めた法定通貨ではなく、政府も銀行も介さず個人間で直接取引のできる通貨のことです。

分かりやすいとこで言うとiTunesカードやLineコインのようなWebマネーに近いものと考えてよいでしょう。実際それらも仮想通貨の一種です。

 

ビットコインのメリットは?

ではビットコインを使うことにはどんなメリットがあるのでしょうか?大きく分けて次の3つのメリットを挙げることができるでしょう。

 

①個人間で直接そしてスピーディーに「送金、受け取り」が出来る。

今では多くに人がごく普通に利用しているネットショップやeコマースサイトですが、それらインターネットを介した買い物をする際クレジットカードや銀行振り込みを決済方法として使われる方が多いことでしょう。しかしビットコインですとそういった仲介を隔てず言わばインターネット上で個人間のお金のやり取りを行うことができます。また国でさえその管理に関与していません。故に銀行やその他の決済会社のように「〇〇営業日お待ちください」ということもなくスピーディーに決済を済ませることができます。

 

 

②手数料が無料、もしくは格安。

ネット上での支払いに関して特に気になってくるのが「手数料」です。普通ネット上での商取引の場合買い手と売り手の間に仲介会社が入っているためにそこに支払うお金が発生します。

ビットコインだとそれが必要なくなってくるというわけです。銀行やクレジットカード会社という仲介を挟まず個人間で直接送金し合えるので非常に手軽で不必要な支出を抑えることができます。

また海外送金をしたい場合などにもビットコインはその力を発揮します。多くの場合海外にまとまったお金を送金したい場合そう簡単にできるわけではありません。銀行や海外送金を扱っている会社を通してお金を送る際には事前に用意すべき書類や準備が求められます。またかなり高額の手数料が請求されますし、現地の通貨に換金する際に非常に低いレートで行われることになります。

ビットコインですとその辺りの支出をグッと抑えかつ簡単に海外送金ができることになります。

 

 

③煩わしい制限や条件が少ない。

メリット②でも少し触れましたが国際間での送金には煩わしい制限や条件が付きまといます。国内間での送金の際にも用いる機関や金額によっては制限が課されたり事前に提出しなければいけない資料が求められることがあります。しかしビットコインの場合、「全世界同じ通貨」という概念があり他の仲介を挟みませんので、そういった制限や条件が非常に少ないということもメリットの一つにあげることができるでしょう。

 

 

上にあげた三つのメリットを分かりやすくイメージで表しますと、ビットコインを持っている人はネット上に自分の全世界共通通貨の専用財布を持っており、その財布から他の人の財布に支払ったり、逆に通貨を受け取ったりすることができます。そしてそれがビットコイン決済を承認している相手なら世界中どこでもいつでも行えるというわけです。

 

こうして見てみるとかなり使い勝手の良い通貨であることがわかりますね。しかし何事にも気をつけるべき点は存在します。次にビットコインを使用する際に気をつけるべきポイント、デメリットについて触れましょう。

 

デメリットは?

デメリットに関しても大きく分けて3つ挙げることができると思います

①価値に大きな変動がある(暴騰、暴落があり得る)

この記事を書いている2017年4月現在で1BTC(ビットコインの通貨単位)には約13万円の価値があります。しかし昨年の9月、今から約半年前には1BTC/約62、000円の価値しかありませんでした。(この時は世界最大の取引量を誇る香港の取引所「bitfinex」がハッキングを受け、これまでで最大規模の約12万BTC(約6347万ドル)が盗難被害にあったということもありこビットコイン価格が急落することとなったようです)

ですので長期的にビットコインを所有し運用していくならどうしても「ハイリスク、ハイリターン」というイメージが付きまといます。株のようなイメージを持つと良いかもしれませんね。まぁ資産運用のプロの方ならそのあたりを十分承知の上でのことでしょうから言うまでもないのでしょうけど。

ただ素人なりの考え方ですけど何かの決済や送金のために短いスパンで購入、使用を行うなら大きなリスクを避けることができるのではないでしょうか。

 

②国からの保証がない

メリットを説明する際に言い含めましたがビットコインには政府や国が関与していません。ですので詐欺にあったり万が一の紛失(ビットコインには強固なセキュリティと「秘密鍵」という特殊な取引方法がありますので可能性は非常に低いですが)にあった場合、国からの助けを得ることができないでしょう。

これはあなたの身に何かがあった場合にビットコインを資産として家族が相続することができるのかということにも関係してきます。現時点では緊急時にビットコインの共有ができるよう本人が事前に特定の人と打ち合わせておくしかないかもしれません。もちろん国からの保証、助けを期待することはできません。

ただ2017年4月1日に施行され始めた「仮想通貨法」によって将来的に仮想通貨と国との関係にいくらか変化が生じていくかもしれません。

 

③匿名性ゆえに犯罪に用いられる可能性もある

ビットコインには銀行口座などとは違い非常に優れた匿名性があります。ですのでそれを犯罪に用いようとする人が出てくる可能性も大いにあります。実際、ISISがマネーロンダリング(犯罪に関わったお金をクリーンな流通しやすいお金に変換する行為)にビットコインを用いたことがあるようです。

もちろん所有者本人が正しい方法で用いれば問題ないのですが、そうした事例がクローズアップされて世間にビットコインに対する良くないイメージが刷り込まれてしまうというのも認めなければいけない現実であることを忘れないようにしたいと思います。

 

 

まぁザクッとですがビットコインに関するメリット&デメリットをご紹介しました。もしビットコインの使用を考えているならこれらを総合的に考慮し決定していく必要があります。

スポンサーリンク

ビットコインてどこで買えるの?

では実際にビットコインはどこで入手できるのでしょうか?

日本国内でビットコインを販売している取引所は多数ありますが有名なところで言えば「bitFlyer:ビットフライヤー」を挙げることができるでしょう。

ビットフライヤーは完全に日本語対応しており大手企業のGMOペイメントゲートウェイと事業提携をしているなど信頼性も高い取引所です。

アカウント開設もメールアドレス1つで簡単にできるのでオススメです。YahooやGoogle、FacebookのIDを使ってもアカウント開設できるようです。詳しくはこちらのbitFlyer公式サイトからご確認ください。

 

まとめ

いかがでしたか?

まず間違いなくこれから世の中に大きく影響を与えるであろう仮想通貨「ビットコイン」について簡単にご紹介しました。

日本でもビッグカメラなど大手家電量販店がビットコインでの決済を開始しています。将来的にはビットコインなしにはネット上での取引が難しくなるかもしれません。今のうちからこの話題について知っておくほうが良いでしょう。

さっそく明日、会社や学校での会話に少し「ビットコイン」の話題を含めてみるのはいかがでしょうか。

 

-トレンド
-, , ,

Copyright© World Punch Line , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.