• 日本国内
    【フリー写真素材モデル】最近ネット上でよく見るこの二人は誰?「ぱくたそ」って?
  • トレンド
    [インスタグラムで大人気】「スイカドレス:watermelondress」って何?
  • トレンド
    着るだけで日常生活にダイエット効果!「加圧シャツ」ってどんなの?
  • トレンド
    【ダイエット】お湯を飲むだけ!?最近話題の「白湯ダイエット」
  • トレンド
    今さらだけど「ビットコイン」て何?そのメリット&デメリット 購入方法まとめ
  • トレンド
    おすすめのエアソファは?どこで買える?夏のキャンプ必須アイテム!
  • メディア+ガジェット
    最新の自撮りシステム!超小型携帯ドローン「AirSelfie」
最新の自撮りシステム!超小型携帯ドローン「AirSelfie」

最近ではコミュニケーションツールとして各種SNSが欠かせない時代になってきました。全世界で数えきれない人たちがSNSを通して「自分を発信」しています。

それもあってか様々な「自撮り」アイテムも生み出されてきました。一昔前から「セルフィ」「セルカ棒」「自撮り棒」と呼ばれるスティックタイプの自撮りアイテムも浸透しています。

そんなSNS時代真っ只中の昨今、凄い商品が発売されました。

その名も「AirSelfie:エアセルフィ

名前からも分かるようにこのエアセルフィは空飛ぶドローンタイプのマシーンで自撮りを楽しもうという商品です。いったいどんな近未来アイテムなのかさっそく見ていきましょう!

 

最新の自撮りシステム!超小型携帯ドローン「AirSelfie」

「AirSelfie」ってどんなの?

そのルックスがこちら。

※画像はhttp://www.hitecrcd.co.jp/products/airselfie/airselfie/より引用

もういかにも近未来ガジェットって感じですね。

確かに4つのプロペラが付いていて確かに宙を飛ぶ機能が付いていることを見てとれます。

いったいどんなふうにして動くのかはこちらの動画で紹介されています。

いいですね、パリピたちがわっしょいわっしょい言ってる感がよく伝わってきます。

そしてこの「エアセルフィ」コンパクトサイズにも驚かされたのではないでしょうか?ほぼスマホと同じサイズの超小型フライトマシーンです。これで自撮りができてしまうって言うんですから凄い時代になりましたね。

 

性能

この「エアセルフィ」の性能については以下のサイトに詳しく説明されていました。

http://www.hitecrcd.co.jp/products/airselfie/airselfie/

全長 94.5mm
全幅 67.4mm
全高 10.6mm
重量 61gバッテリー含む)
送信機 Wi-Fi対応スマートフォン・タブレット機器
APP対応OS

iOS Android

ボディ材質

アルミ+TPU+PC

モーター

10φ 8000KVブラシレスモーター

バッテリー

260mAh 7.4V Li-Po

HDカメラ 500万画素 1080P /30fps
メモリカード 4GB micro SDカード内蔵
最高飛行高度 約20m
フライト時間 約3分 ※
充電時間 約120分 ※
フライト機能 自動テイクオフ&ランディング
自撮りモード、フライングモード装備

※フライト時の環境やバッテリーの状態により異なる場合あり。

 

実際にどのように飛ばすのでしょうか?なんと日本のトップYouTuber「ヒカキン」さんが商品レビューをしていました。

操作に慣れるまでは少し難しそうですね。ただ慣れてしまえば自撮りをすること自体を楽しみながら行えそうです。

 

どこで買えるの?値段は?

少し前までは[kickstarter:キックスターター」で出資者を募り開発段階でした。公式サイトから予約購入ができていたようでお値段はエアセルフィー本体+PowerBank Case(充電ケース)で約290ドルでした。

 

現在ではAmazonなどのECサイトから購入することができるようです。

このエアセルフィ―を使用するには上記のスマホケース一体型もしくは独立型の充電ケース(PowerBank Case)を買わなければなりません。

こちらのamazon側から買うと値段もまちまちで売り切れも続出しているようです。

 

「あまり高い値段で買いたくないけど‥やっぱり欲しい!」

そんな人にはこちらがおすすめ。

ソフトバンク コマース&サービス

携帯電話でおなじみのソフトバンクが運営する上記サービスが近々「エアセルフィ―」の販売を開始するようです。

気になるお値段は「エアセルフィ―」+「PowerBank Case」のセットで 4万6,800円(税込み)

現在amazonなどで見かけるものと比べるとかなり良心的な値段となっています。発売予定日は 2017年8月11日 あとほんの数週間ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?近未来を感じさせる超小型自撮りドローン「AirSelfie:エアセルフィ―」のご紹介でした。

ついにドローンテクノロジーもここまでコンパクトで身近になったかという気持ちです。もはや自撮り棒の時代は終わったと考えてよいのでしょうか?いずれにせよこんなガジェットを持っていたら大人気間違いなしですね。

少々値は張りますがこの夏の話題作りに「AirSelfie:エアセルフィ―」をおひとついかがでしょうか?

関連キーワード
  • 最新の自撮りシステム!超小型携帯ドローン「AirSelfie」
  • 【Daydream】Googleが格安「VR」を発表 なんとお値段8000円!!【安すぎる!】
  • 【完結済み】「好きな漫画TOP30‼︎」…にランクインしてる漫画よりもオススメのマンガ「神戸在住」【必読】
  • 【夏ドラ】今年のお盆休みは何する?一気に見たい!おすすめ名作ドラマTOP3【懐ドラ】
  • Evernoteが価格改定!無料ユーザーにはかなり厳しい仕様に…
  • 【必見】「VR」と「AR」って何?どう違うの?最近よく聞くこの二つの単語を分かりやすく紹介します!
おすすめの記事