皆さんはマンガを読むのはお好きですか?
ネット上に「好きな漫画家TOP30」というランキングが発表されていました。その順位は次の通りです。
http://www.charapedia.jp/research/0075/  より引用
image

いかがでしたか?皆さんの好きな作品もしくは漫画家はランクインしていたでしょうか?

こちらのランキングは10〜30代の男女を対象に取られたアンケートのようです。

なるほど、いかにも一般受けしそうな漫画がズラリと並んでいますね。

【完結済み】「好きな漫画TOP30‼︎」…にランクインしてる漫画よりもオススメのマンガ「神戸在住」【必読】

しかしこのサイトの編集者である私「なんこつ」が生涯最高と認めた漫画が入っておりません。あの素晴らしい作品がランクインしていない事、非情に遺憾でございます。

なので上のランキングはまぁ良しとして、今から私の独断と偏見によって決定したオススメ名作漫画をご紹介いたします。

image

その作品とは「神戸在住」作:木村紺  !

「ほ〜ん、何それ?美味しいの?」という声が聞こえてきそうですが、このブログを見てくださっている方の中に「神戸在住」をご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

確かにかなりマイナーな作品ではあるんですが好きな人には堪らない独特の雰囲気のある漫画なんです。

もうすでに10年ほど前に完結した作品なんですが、今でも読んだ人たちからは高い評価を得ているようです。

みなさんの「読欲」を刺激するために3つのオススメポイントを紹介しましょう。

 

オススメポイント①「ほんわか」

主人公の女の子は神戸にある美術大学の学生なんですが、そのありふれた日常生活が漫画の中で描かれています。いまどきの漫画に多い「剣」とか「魔法」とか一切出てきません。途中で異世界に迷い込むとかの奇天烈な展開も皆無です。ただただ1人の美大生の女の子の成長を描くほんわかストーリーで読んだあと優し〜い気持ちになれます。

 

オススメポイント②「絵の描き込みと注釈がハンパない」

さすが美大生のストーリー漫画、街の様子や神戸の風景をよく描き込んでいます。元町高架下商店街など、よく神戸の街のシーンが出てくるのですが、そこに行った事がある人であれば忠実に描写されている事に感銘を受けると思います。また物語の合間に注釈や説明が入るのですがそれがなかなか情報豊かで興味深いんです。「じゃ○ん」とか「る○ぶ」などの旅行情報誌を読むのが好きな人は堪らないと思います。個人的にオススメなのは5巻の第39話に出てくるお鍋のシーンです。

 

オススメポイント③「主人公がけなげ」

ふつう漫画の主人公というのは特徴ある性格をしています。

「能天気」「ぶっきらぼう」「天才肌」「クール」などなど、男子女子がわーきゃー言うような性格を持っているのが普通なんですが、この漫画の主人公、桂(かつら)ちゃんはホント「健気:けなげ」。

てかすごい純粋、精神病み気味(の時もある)。だから読んでたら引き込まれて「ガンバレーッ」ってなるわけなんです。

 

最初は「なんやこの主人公、コミュ症やんけっ!」と息巻いていたのに、最終巻では「桂ちゃん、ごっつい成長してからに。ほんまにありがとうやで〜」となるわけです。木村紺先生の思うがままですね。

ちなみに作品中には、神戸の人たちの心に深い傷跡を残した「阪神淡路大震災」に関するエピソードが多く取り上げられています。

image

どうでしょうか、「神戸在住」読みたくなってきたんではないでしょうか。私の「グッとくるオススメポイント」が伝わりにくい感じも否めませんが、つまるところは神戸在住サイコーというわけです。漫画界最高傑作なんです。是非ご自分の目で確かめてご覧になってください。
全巻セットで販売されていたり電子版もあるようですね。



毎月最大1200ptお得!【ひかりTVブック月額プラン】

漫画全巻セット一括購入



以上、みなさんに是非読んでもらいたいオススメ漫画「神戸在住」のご紹介でした。

追記: なんと!「神戸在住」映画化してました!…でもなんか知ってるのと違うッ

おすすめの記事