OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイトルにもあるようにこの記事では常夏の国タイの熱ーいミュージックをご紹介したいと思います。

もしかしたら「タイに良い曲なんてあるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

確かに日本にいるとタイ人歌手の情報ってあまり聞きませんよね。でもとても耳に心地よい極上の「T-POP」ミュージックがあるんです!
この記事の中ではYouTubeですぐに見て聴ける厳選オススメ3曲をご紹介したいと思います!

【PV】YouTubeで聴ける「いい歌」厳選3曲 でも日本の歌じゃないです…【タイ T-POP 名曲】


第三位 「มนุษย์ล่องหน」Yes'sir Days

男性4人からなるバンドでYes'sir Daysといい、この「มนุษย์ล่องหน:マヌットローンホン」という曲は独身男性の切実な思いを描いた曲となっています。
とてもキャッチーな曲になっており、タイで人気の男性俳優達の出てくるPVも一見の価値ありです。

第二位 「ที่รัก (เธอ)」 เอก สุระเชษฐ์

まず曲名ですが「ที่รัก (เธอ):ティーラック トゥ」と読みます。歌っているのはเอก สุระเชษฐ์:エーク スラチェートいう人です。

歌の内容はというと、一人の男性が自分に愛する人ができた時のことを思い描いて歌った温かいでもちょっとひょうきんなラブソングとなっています。
曲調も優しい雰囲気がよく現れていて聞いているとなんだかとても温かいキモチになってきますよ。

第一位 「อาย」สิงโต นำโชค(แจ่มจันทร์ โปรเจค)

曲名は「อาย:アーイ」と言いまして直訳すると「恥ずかしい」という意味になります。歌っているのはสิงโต นำโชค:シントーナムチョークという男性シンガーですが、他にも著名なアーティストが集まったスペシャルコラボレーションな曲のようですね。
(แจ่มจันทร์ โปรเจค):ジェムジャンプロジェクトという特別なユニットとして発表された歌のようです。

歌詞は「良い事をするのに恥ずかしがっちゃダメだよ」「大切な人に愛を伝えるのにも恥ずかしがってはいけないよ」という、なんともメッセージ性の強いものとなっています。PVの中では募金を集めているシーンもあるので何かチャリティーのような形で発表された曲なのかもしれませんね。
シントーナムチョークの綺麗で優しい歌声が心に染みる曲となっています。

まとめ

いかがでしたか?

実際に動画をクリックして見ていただけたでしょうか?聞いてみるとタイの歌も悪くないなと思われたんじゃないでしょうか。

歌詞の意味がわからなくてもPV映像を通してある程度メッセージが伝わってきますね。

《私選》オススメT-POPミュージックをこのブログをご覧になっておられるみなさんにも気に入っていただければ嬉しいです。

以上、「【PV】YouTubeで聴けるいい歌厳選3曲 でも日本の歌じゃないです…【タイ T-POP】」のご紹介でした〜

おすすめの記事